介護福祉士実務者研修受講資金貸付制度をわかりやすく説明します

就職・転職

実務者研修の費用を安く抑える方法に、介護福祉士実務者研修受講資金貸付制度ってあるけど、どんな仕組みなの?
案内は見たことあるけど、説明がわかりにくくて、使う気にならない…。

質問の回答(本記事の結論)

  • 都道府県が、実務者研修の受講費用・介護福祉士の受験手数料・参考書などの購入資金として、20万円を貸してくれる制度です。

本記事のポイント(目次)

  • 【貸付金額・貸付利子】いくら貸してくれるの?
  • 【対象経費】何に使っていいの?
  • 【借入先・実施主体】誰が貸してくれるの?
  • 【貸付対象者】どんな人に貸してくれるの?
  • 【返還免除・返済免除】どうすれば返さなくて済むの?
  • 【返還・返済】どんなときに返さなきゃいけないの?

本記事の著者(カズヤ)のバックグラウンド

  • 介護の実務は13年以上(介護福祉士・社会福祉士)。
  • 福祉系の大学院卒です(社会福祉学修士)。
  • 介護業界の転職歴は2回(20施設以上で面接して内定率は80%以上)。

介護福祉士実務者研修受講資金貸付制度ってなに?

介護福祉士実務者研修受講資金貸付制度ってなに?
この貸付制度は、都道府県の社会福祉協議会に申し込む仕組みですが、国がメインでやってるので、都道府県ごとに、大きな違いはありません。

ただ、本記事の解説は、あくまでベーシックな内容なので、お金を借りる都道府県によって、要件が違う場合もありえます。

必ず問い合わせてから、使うか否かを判断してください。

【貸付金額・貸付利子】いくら貸してくれるの?

無利子で20万円(一括入金)です。

【対象経費】何に使っていいの?

介護福祉士を取るために、必要なものならオッケーです。

  • 実務者研修の費用
  • 教科書
  • 参考書
  • 文房具
  • 介護福祉士の国家試験の受験手数料
  • 介護福祉士の国家試験対策講座の受講料 など

こんな感じです。

一応、「領収書を取っておけ」ってルールはありませんが、領収書が出るものに使った方が、ベターかなと思います。

交通費(電車・バス・タクシーなど)はグレーなので、自腹で対応した方が、あとあと面倒ではないかなと思います。

もし、お金を交通費にも使っていいか、気になる方は、借入を予定してる都道府県の社会福祉協議会に、問い合わせてください。

【借入先・実施主体】誰が貸してくれるの?

都道府県の社会福祉協議会から借ります。

なので、詳細を聞きたいときは、お住まいの都道府県の社会福祉協議会に、問い合わせる形になります。

ネットから調べるときは、「介護福祉士実務者研修受講資金貸付制度 〇〇(都道府県名)」でググれば、出てきます。

申し込みに必要な書類は、都道府県の社会福祉協議会にあることが多いので、申し込むときに、具体的な指示を聞いてください。

【貸付対象者】どんな人に貸してくれるの?

下記のすべてを満たしてる方です。

  • お金を借りる都道府県に住民票がある。
  • 実務者研修を受ける場所が、お金を借りる都道府県にある。
  • 実務者研修の申し込みが済んでる(申し込んでないと貸してくれない)。
  • 連帯保証人を立てることができる。
  • 介護福祉士の国家試験を一発で合格できる。
  • 介護福祉士を取ってから、お金を借りた都道府県で、最低2年(在職期間730日・実働日数360日)以上は、介護のお仕事ができる。

たとえば、「無資格・未経験で神奈川県に住んでる」の場合は、

  • 神奈川県に住民票がある。
  • 神奈川県のどこかで実務者研修をうける。
  • 実務者研修の受講申し込みが済んでる。
  • 連帯保証人を立てることができる。
  • 気合いと根性で介護福祉士の国家試験を一発合格する。
  • 介護福祉士を取ったあと、神奈川県内で、最低2年(在職期間730日・実働日数360日)以上は、介護のお仕事ができる。

ベースの要件は、こんな感じです。

【返還免除・返済免除】どうすれば返さなくて済むの?

介護福祉士の受験に必要な実務経験が足りてるとき

この条件をすべてクリアすれば、20万円を返さなくて済みます。

  • 介護福祉士の受験に必要な実務経験がある(在職期間1095日・実働日数540日がある)。
  • 実務者研修を終えてから、1年以内に介護福祉士に合格している。
  • 介護福祉士に合格したあと、お金を借りる都道府県で、最低2年以上(在職期間730日・実働日数360日)は、介護のお仕事をしている。

ただし、実働日数について補足すると、

「掛け持ちで、月曜日に介護のお仕事を2カ所でやってる」って場合は、2カ所で働いてても、実働日数は1日でカウントされるので、注意してください(2カ所で働いてるから、2日でカウントはされません)。

次の期間中は、返済を待ってくれます。

  • 実務者研修を終えて、
  • 介護福祉士を一発合格して、
  • お金を借りた都道府県で介護のお仕事を2年間やってる。

介護福祉士を一発合格しないと、お金を返すハメになるので、気合いと根性で頑張りましょう。

介護福祉士の受験に必要な実務経験が足りてないとき

この条件をすべてクリアすれば、20万円を返さなくて済みます。

  • 介護福祉士の受験に必要な実務経験を積み上げる(在職期間1095日・実働日数540日がある)。
  • 介護福祉士の受験に必要な実務経験を満たした日から、1年以内に、介護福祉士に合格している。
  • 介護福祉士に合格したあと、お金を借りる都道府県で、最低2年以上(在職期間730日・実働日数360日)は介護のお仕事をしている。

繰り返しで申し訳ないんですが、

「掛け持ちで、月曜日に介護のお仕事を2カ所でやってる」って場合は、2カ所で働いてても、実働日数は1日でカウントされるので、注意してください(2カ所で働いてるから、2日でカウントはされません)。

次の期間中は、返済を待ってくれます。

  • 実務者研修を終えて、
  • 実務経験が「在職期間1095日・実働日数540日」を満たして、
  • 介護福祉士を一発合格して、
  • お金を借りた都道府県で、介護のお仕事を2年間やってる。

この場合は、最大で5年間は、返済を待ってくれる感じです。

その他

お金を借りた方が、下記の一つに当てはまるときは、返さなくて済みます。

  • 死亡したとき。
  • 介護のお仕事が原因で、心身に故障をきたして、働けなくなったとき。

【返還・返済】どんなときに返さなきゃいけないの?

下記のパターンにハマったときは、20万円を返さなきゃいけなくなります。

  • 実務者研修を途中でバックレた(辞めた)とき。
  • 介護福祉士に一発合格できなかったとき。
  • お金を借りた都道府県で、介護のお仕事をしなかったとき。
  • 心身に不調をきたして、実務者研修が続けられなくなったとき(障害を負ってしまった場合は、免除の対象になるかも知れません)。

実務者研修をバックレず、介護福祉士に一発合格して、2年間働けば、20万円を返さなくて済むイメージです。

まとめ

ありがたい制度だけど、手続き的にかなりメンドいです。

良くも悪くも、この制度は、介護福祉士の一発合格を大前提にしてるため、最低5年は介護のお仕事を続けなきゃいけません。

介護福祉士を取るのに3年間は続けなきゃいけないし、
介護福祉士をとったあと、返済を免除するのに2年間は働かなきゃいけないので。

テンション的には、

  • 介護福祉士を一発で合格する。
  • 5年以上は介護のお仕事をする。

このくらいじゃないと、キツイと思います。

介護福祉士が取れなかったり、介護のお仕事を途中でやめたりしちゃうと、20万円を返すハメになります。

20万円は大きい金額なので、利用する前に、かなり慎重に検討することをおすすめします。

以上で、本記事はおわりです。

疑問・悩み・相談があれば、ツイッターの@kazuya_worksにDMください!
あなたの介護士ライフを応援しています。

読んでいただき、ありがとうございました(^-^)

参考文献・参考記事

この記事を書くときに、参考にした情報です。

【社会福祉法人千葉県社会福祉協議会】
 介護福祉士実務者研修受講資金