ホーム > 福祉・介護の実践コラム > 介護記録の書き方・活かし方 > どのように書けばいいの(どんなことに注意して書けばいいの)?

どのように書けばいいの(どんなことに注意して書けばいいの)?

はじめまして(^-^)
福祉・介護の教育方法のナビゲーター 北舘(きただて)です。

この記事では、多くの方が困っている「介護記録はどう書けばいいの?」について解説します。

 ■常体で記述する
 ■利用者の氏名は実名で記述する
 ■統一した単語・用語で記述する
 ■客観的事実(見たまま・聞いたまま)を記述する
 ■情緒を表す形容詞や副詞は記述しない
 ■比較・対照の根拠を記述する
 ■推測を断定的に記述しない
 ■可能であれば画像・動画を併用する
 ■可能であれば添付書類をPDF等の電子データで掲載する